会社が嫌いな人にも選択肢はこんなにあるという話

会社が嫌いな人にも選択肢はこんなにあるという話

こんにちは。家が大好き!なせとみーです。

会社が嫌になっても、今後の生活について考えれば簡単に辞めるわけなはいかないですよね。

でもいくら生活のためとはいえ、毎日地獄に向かうような気持ちで会社に行くのはやっぱり無理があります。

私自身、「毎日会社に行く」というのが苦手でとても苦労しました。

この記事でいいたいのは、いろんな選択肢があるということです。

今回は会社が嫌になったときに実行できる、現実的な解決策を3つ紹介します!

スポンサーリンク

1.落ち着くために休む

会社が辛いならとりあえず休んでみませんか。

休むといっても、1日サクッと休む方法から中長期的に休む手段までさまざまです!

1日休んでみる

会社が辛いなら、休みをとってリフレッシュするのが1番です。

有給休暇を好きな日にとれる雰囲気なら、何も予定が無くても休みをとってのんびりしましょう。

もしも事前に申告して有給を使うのが難しければ、朝に会社に連絡を入れて休むのもアリです。

いきなり休むなんて気が引けるかもしれませんが、1日くらい休んだって問題が起きることはありません

私自身も体調不良のフリをして会社を休んだ経験があります。

休職する

どうしても会社に行くのが辛いなら、休職するのも1つの手です。

たとえば「出社する前に泣いてしまう」といった状況なら、だいぶ精神的にもまいっている証拠。

専門の医師に相談した結果、症状が重ければ休職のための診断書を書いてもらえる可能性があります。

たしかに病気を理由に休職すると、その後のキャリアに影響が出るかもしれません。

でもこのまま無理に働き続けたら、体がいまよりもっとひどい状況になる恐れがあります。

そもそも働けないほど症状が悪化したら、キャリアどころでは無いです。

自分の健康よりも大切なことは無いので、まずはゆっくり休んで心身の回復を優先してください。

2.タイプの違う会社へ転職

会社を休んでも、残念ながら根本的な解決にはなりません。

どうしてもいまの会社が合わないと感じるなら、タイプの違う会社へ転職するのも1つの方法です。

世の中にはたくさんの会社があります。

会社によって人間関係や社風は全く違うんです。

私は転職してみて初めてそのことを実感しました。

自分だけの力ではどうにもならない部分で悩み続けていても、はっきり言って時間の無駄です。

私は転職エージェントを利用したので、在職中でも転職しやすかったです。

3.スキルなしでフリーランスへ転身

会社員の働き方そのものが自分に合ってないと思うなら、思い切ってフリーランスになるという手もあります。

「何のスキルが無いから自分には無理」だと思うかもしれませんが、手に職がなくてもフリーランスとして働くことは可能ですよ。

何を隠そう私自身、いまは転職先の仕事も辞めてフリーランスとして生計を立てています。

とはいえ、ブランクがあると一般的には再就職が難しくなるので、フリーランスになるのは最終手段として考えたほうがいいです。

まずは転職をして、それでもダメならフリーランスになっても遅くはありません。

結論:会社が嫌なら我慢しなくていい

会社が嫌になったときでも、できることはたくさんありますよ。

もしかしたら、まわりにはこんなことを言う人がいるかもしれないですね。

勤続は栄誉だ!

「いい会社」を辞めるのはもったいない

でも、こんなことにこだわるのは無意味です。

社会人でいなければならない年数は人生の大半を占めるので、我慢だけで乗り切るのは現実的ではありません。

自分が無理せず働ける環境を見つけましょう。

スポンサーリンク