サグーワークスはなぜ人気?現役プラチナライターが解説

現役プラチナライターが解説!人気の理由と合格のコツ

プラチナライターのせとみーです。

在宅のwebライターになるならサグーワークスは絶対に外せません。

その理由は、サグーワークスには他にはないメリットが多くあるからです。

特に、テストに合格してプラチナライターになると、初心者でも稼げるチャンスが一気に増えます。

私は2018/2/20にプラチナライターテストに合格しました。

サグーワークスが人気な理由とともに、プラチナライターに合格するコツをお伝えします。

スポンサーリンク

サグーワークスのプラチナライターって?

サグーワークスは、株式会社ウィルゲートが運営するクラウドソーシングサイト。

ウィルゲートは、web マーケティング事業を展開している会社です。

サグーワークスのサービスは2012年から開始しました。

ライターとして登録している人数は、20万人を超えています(2018/10現在)。

“プラチナ”は1番上のグレード

私はたまたま読んだプラチナライターインタビューでサグーワークスの存在を知りました。

活躍しているプラチナライターさんのことを知って興味をもちました!

サグーワークスには、3つのグレードがあります。

  1. プラチナ
  2. ゴールド
  3. レギュラー

プラチナは1番上のグレードで、ある条件を満たした人だけが昇格できます。

プラチナライターはテスト有

プラチナライターになるための条件は、サグーワークスのテストに合格することです。

テストはいつでも受けられます。

サグーワークスに登録したばかりでもテストの受験は可能です。

テストでは、webライターとして必要な知識が問われます。

プラチナライターテストの詳細はこちら

高単価の在宅ライターサービス【プラチナライター】

サグーワークスのプラチナライターが人気な理由

プラチナライターテストは、多くの人が挑戦しています。

それは、サグーワークスのプラチナライターにはメリットがたくさんあるからです。

  • 提案しなくても仕事がもらえる
  • 専属案件の依頼がくる
  • 高単価な案件を執筆できる
  • 執筆ルールが統一されている
  • 丁寧なフィードバックがある
  • システム手数料がない
  • ボーナス制度がたくさんある

こんなに特典があるクラウドソーシングサイトは、他にはありません!

プラチナライターを目指す人が多いのもうなずけますね。

①提案しなくても仕事がもらえる

サグーワークスでは、サイト上に公開されている案件は早い者勝ちで受注できます。

難易度や単価が高い案件であっても、他の人より早く手をつければ自分の仕事として確保できます。

他のクラウドソーシングで案件を受注するには、「提案して採用される」という段階を踏まないといけません。

手間がかかるうえに、希望通り採用されるとは限らないのがネックです。

サグーワークスは他のサイトに比べると、在宅ライターになりたての頃から条件のよい案件を獲得しやすかったです。

公開されている案件数は少なめですが、随時追加されていきます。

②専属案件の依頼がくる

プラチナライターになれば、専属案件の依頼もきます。

依頼は不定期ですが、専属案件は自分にしか公開されないので他の人にとられてしまう心配がありません。

完成度の高い内容を提出できれば、その後も継続して専属依頼がくる可能性があります。

専属案件を初めて依頼されたときはすごく嬉しかったです!

③高単価な案件を執筆できる

プラチナライター向けの案件は全て文字単価1円以上です。

一般的にクラウドソーシングサイトには文字単価0.1円や0.5円の案件が多いので、それに比べるとかなりの高単価。

最初は文字単価1円を獲得するのもすごく大変なんですよね。

ちなみに専属案件は、プラチナライター全体に公開されている案件よりも高い単価が提示される場合もあります。

在宅ライター初心者なら、サグーワークスのプラチナライターになっておくとかなり心強いです。

④執筆のルールが統一されている

サグーワークスなら、どんなジャンルの案件でも執筆のルールは同じです。

それは、サグーワークスは各ライターの記事を運営元が取りまとめてクライアントに納品する仕組みだからです。

ランサーズやクラウドワークスでは、ライターが直接クライアントとやり取りします。

なので、クライアントそれぞれのルールをいちいち把握しないといけません。

たとえばAさんの案件では漢字で「為」、Bさんの案件ではひらがなで「ため」と表記しなきゃいけないとか。

仕事が増えるほどルールも増えるので、全てを把握するのはなかなか大変です。

サグーワークスでも、案件によっては特殊なルールが追加されることもあります。

でも、その部分に注意するだけでいいので、効率的に執筆できます。

⑤分かりやすい添削が届く

プラチナライターになると、記事に不備がある場合は「修正依頼」が届きます。

修正依頼といっても、内容は文章への添削やアドバイスです。

実力アップに役立つ

確かに、修正依頼がくるとへこみます。

でも、修正依頼には丁寧なフィードバック付いています。

他のクラウドソーシングサイトではフィードバックをくれないクライアントが多いです。

細かい指摘をくれるサグーワークスは貴重な存在!

修正すべき理由も詳しく書かれているので、納得したうえで修正できます。

プラチナライターとして活動していけば、それだけでライターとしてのスキルもグッと上げられます。

修正依頼はプラチナライターだけ

サグーワークスでは、記事に不備が多いと非承認になる場合もあります。

プラチナライター以外には修正依頼がないので、非承認になれば再投稿が必要です。

でも、プラチナライターなら、修正依頼に従って記事を直すとそのまま承認してもらえます。

しっかり対応すれば非承認にはなりません。

修正依頼をもらえるのはサグーワークスの中でもプラチナライターだけです。

⑥システム手数料がない

クラウドソーシングサイトでは、一般的にシステム手数料がかかります。

システム手数料はいわばサイトの利用料で、基本的には報酬の20%です。

例:6000円の案件を受けた場合

  • システム手数料:6000円×20%=1200円
  • 手取り:6000円-1200円=4800円

システム手数料を引くと収入がだいぶ減ります。

でも、サグーワークスにはシステム手数料がありません。

なので、報酬として提示された金額をそのまま受け取れるんです。

サグーワークスを利用すれば、せっかく稼いだ収入を減らさずに済みます。

その他の手数料も安い

システム手数料がかからないサグーワークスでも、報酬を銀行口座への振り込むときは交換手数料がかかります。

報酬額  交換手数料 
 〜2万9999pt  108pt
3万pt〜 216pt
サグーワークスの報酬は「pt(ポイント)」で表示されます。1pt=1円です。

とはいえ、他のクラウドソーシングではシステム手数料とは別に振込手数料がかかります。

なので、サグーワークスの手数料はかなり良心的です。

サグーワークスでは、自分の好きなタイミングで振り込みを依頼できます。

なので、ある程度まとまった金額ごとに手続きすれば、手数料をより安くおさえられます。

⑦ボーナス制度がたくさんある

サグーワークスにはボーナス制度がたくさんあります。

  • レベルアップボーナス
  • 報酬額月間ランキングボーナス
  • 名文月間ランキングボーナス
  • キャンペーンボーナス

こんなにボーナス制度が充実しているのは.サグーワークスだけです。

レベルアップボーナス

サグーワークスでは記事を書いて納品すると、少しずつレベルが上がります。

レベルアップすると、そのたびにボーナスがもらえるんです。

レベル100に到達するまでに獲得できるボーナスを合計すると10万ptにもなります!

報酬額月間ランキングボーナス

報酬額の合計が月間ランキングの10位以内になると、ランクインボーナスがもらえます。

  • 1位:1万2000pt
  • 2位:8000pt
  • 3位:7000pt
  • 4位:6000pt
  • 5位:5000pt
  • 6位:4500pt
  • 7位:4000pt
  • 8位:3500pt
  • 9位:3000pt
  • 10位:2500pt

ランキングページに名前や獲得ポイント数が掲載されます。

ちなみに私は最高14位です!

名文月間ランキングボーナス

サグーワークスには「名文」の数に基づくランキングボーナスもあります。

ただし、名文の詳しい基準は公開されていません。

イメージとしては、提示された内容を適切に記事に反映している場合に、名文に認定される可能性があるようです。

  • 1位:3000pt
  • 2位:1625pt
  • 3位:1000pt
  • 4位:750pt
  • 5位:725pt
  • 6位:725pt
  • 7位:675pt
  • 8位:650pt
  • 9位:625pt
  • 10位:625pt

名文に認定されるのは意外に難しいです。

でも、相性のよい案件ならあっさり認定されることもあります。

キャンペーンボーナス

サグーワークスには、不定期のキャンペーンボーナスもあります。

たとえば「期間中に○pt稼ぐと、ボーナスとして○pt加算になる」といったキャンペーンです。

キャンペーン期間中は、通常時にもらえるボーナスとともにキャンペーンボーナスも支給されるのでかなりお得です!

プラチナライターのテストに合格するコツ

サグーワークスのプラチナライターに合格するには、品質の高い解答を提出する必要があります。

なぜなら、プラチナライターテストの合格率は1%だと言われているからです。

サグーワークスを運営する株式会社ウィルゲートの代表者が、メディアの取材でもそのように話しています。

ただし、根気よく取り組めば合格できる可能性は十分あります。

私自身、プロとして文章を書いた経験はありませんでしたが、テストに合格できました。

プラチナライター合格の体験談

私は2018/2/7にプラチナライターテストの解答を提出しました。

合格通知がきたのは、2018/2/20です。

登録していたメールアドレスにお知らせがきました。

実は、運よく初めてのテストで合格できたんです。

どうしてもテストに合格したかったので、気合いを入れて解答を書いたおかげだと思います。

正しい日本語を意識した

テストの解答では、第一に日本語を正しく書くことに気をつけました。

長い文章を書いていると、文章がぐちゃぐちゃになってしまうことも多いので要注意です。

テストの内容は結構なボリュームがあります!

単語や文字の1つ1つにこだわって解答を書きました。

webライティングを意識した

テストの解答は「webサイトで人に読まれる記事」をイメージしながら完成させました。

在宅ライターになったばかりでしたが、すでに他のクラウドソーシングサイトで記事を書いていたのでイメージしやすかったです。

サグーワークス以外のクラウドソーシング

少しでもwebライティングの知識があると、合格ラインに届く解答が作りやすいです。

書籍で勉強もしました。

じっくり時間をかけた

プラチナライターテストは、じっくり時間をかけて解答しました。

課題を見てから解答を提出するまで、1週間はかけたと思います。

見直ししてから提出できるようにwordで文章を作成して、提出時にテストの画面にコピペしました。

一度書いた文章は少し時間を空けて見直すと、問題点を見つけやすくなります。

「書いて、直して」を何回も繰り返して、引っ掛かりがなく読めるようにしてから提出しました。

テストに受かるためのポイント

プラチナライターテストに合格するためには、文章の書き方にポイントがあります。

  • 1文1内容にする
  • 1文は40~50字にする
  • テーマに沿った内容にする
  • 文章の流れをよくする
  • ポジティブな結論でまとめる
  • 誤字脱字をなくす
  • 表記揺れをなくす

もしも、テストを受けて合格できなくてもアドバイスをもらえます。

再チャレンジもできるので、書いた解答をしっかり見直して合格を目指しましょう。

読みやすい記事を書くのが合格への第一歩!

“1文1内容”にする

プラチナライターテストに限らず、文章を書くときは”1文1内容”が基本です。

1つの文で伝える情報が複数あると、何が言いたいのかよく分からない文章になってしまいます。

OKな例

サグーワークスのプラチナライターになるには、テストに合格する必要があります。

この文が伝えているのは1つの情報だけです。

サグーワークスのプラチナライターになるにテストに合格する必要がある

すっきりと言いたいことが伝わります。

これに比べて、たくさんの情報が詰め込まれている文は、見るからに分かりづらいです。

NGな例

いろいろな特典があって在宅でも稼ぎやすいサグーワークスのプラチナライターになるにはテストに合格する必要があり、そのテストの合格率は1%だといわれています。

この文章では、1文で4つの情報を伝えています。

  1. プラチナライターにはいろいろな特典がある
  2. プラチナライターは在宅でも稼ぎやすい
  3. プラチナライターになるにテストに合格する必要がある
  4. プラチナライターの合格率は1%

1つの文の中にいくつも情報が並んでいると、前後の文とのつながりも悪くなりやすいです。

1文は40~50字にする

1文は40〜50字くらいにするのが理想です。

といっても、書いた文の文字数をいちいち数える必要はありません。

1文1内容を意識すれば、自然とそれくらいの文字数になります。

文章は流れが大切なので、いくつか少し短い文や長い文があっても問題はないです。

文章を書くときの基本として、短くて簡潔な文を書くように意識しましょう。

テーマに沿った内容にする

当たり前ですが、指定されたテーマに合った文章を書くことがとても大切です。

文章を書いているうちに、いつのまにか話の方向性がズレてしまう場合も少なくないので要注意。

文章を書き始めるときはもちろん、書き終わった後も確認したほうがいいでしょう。

文章の流れをよくする

文章を書くときは全体の流れも意識しましょう。

途中で前の話に戻ったり、意味もなく何回も同じ話題に触れたりしてはいけません。

流れをよくするには、文章を書き始める前に書く内容や順番を整理しておくといいです。

そして、文章をひととおり書き終えたら、上から下までスムーズに流れているかどうか確認しましょう。

ポジティブな結論でまとめる

webに掲載する記事は、基本的にポジティブな結論でまとめます。

webライターは商品やサービスを紹介をする記事を書くことが多いです。

記事の目的は、読んだ人に商品やサービスを利用してもらうことです。

記事の中ではデメリットを紹介する場合もありますが、その場合は解決方法を提示して前向きな結論へ導きます。

誤字脱字をなくす

人に読んでもらう文章は、誤字脱字にも注意が必要です。

確かに、少しくらい誤字脱字があっても文章の意味は通じます。

でも、印象は決してよくありません。

誤字脱字が多い文章は信頼性も落ちてしまうので、文章を書いたら必ず見直すようにしましょう。

表記揺れをなくす

誤字脱字に似ていますが、文字の表記揺れにも気をつけないといけません。

表記揺れとは、文章中の単語の表記がそろっていない状態です。

クラウドソーシングサイトには、サグーワークスのほかにもたくさんの種類があります。のサイトを活用して経験を積んでおくと、プラチナライターテストにも合格しやすいです。

色を付けた部分が表記揺れになっています。

誤字脱字とともに必ずチェックすべき部分です。

サグーワークスのプラチナライターになる!

プラチナライターテストは、サグーワークスに会員登録すれば誰でも受験できます。

そして、サグーワークスのプラチナライターになれば、webライターの仕事を獲得しやすくなります。

私自身、プラチナライターになれたからこそ、しっかり収入を稼げるようになりました。

案件について分からないことがあるときは、運営元に質問すると丁寧に対応してもらえるので心強いです。

サグーワークスなら、在宅の仕事やwebライターの初心者でも安心して始められますよ!

プラチナライターテストを受けてみよう

高単価の在宅ライターサービス【プラチナライター】

スポンサーリンク