在宅ライター1~6ヶ月目の月収を公開【体験談】

在宅ライター1~6ヶ月目の月収

クラウドソーシングサイトを使って在宅ライターをしているせとみーです。

私はスキルゼロの状態から、本業として在宅ライターの仕事を始めました。

最初は収入について不安があったというのが本音。

なぜなら、本業の在宅ライター(webライター)の収入がよく分からなかったからです。

そこで、私が実際に本業の在宅ライターとしてクラウドソーシングで稼いだ月収を公開することにしました。

在宅ライターを始めてから1〜6ヶ月目の月収について、推移と内訳を紹介します。

スポンサーリンク

在宅ライター1〜6ヶ月目の月収推移(グラフ)

在宅ライターになってから1〜6ヶ月目の月収をグラフにするとこんな感じです。

計算方法

売上からシステム手数料を差し引き、手元に入る金額を計算

はっきり言って大変だったし、すごく頑張りました!

どんなに忙しくても休みは週2日以上確保したので、稼働日はひと月あたり約20日です。

利用したのはクラウドソーシングサイト3つでした。

利用したクラウドソーシングサイト

在宅ライター1~6ヶ月目の月収の内訳

在宅ライター1~6ヶ月目は、具体的には以下の期間です。

  • 1ヶ月目:2018/2/1~28
  • 2ヶ月目:2018/3/1~31
  • 3ヶ月目:2018/4/1~30
  • 4ヶ月目:2018/5/1~31
  • 5ヶ月目:2018/6/1~30
  • 6ヶ月目:2018/7/1~31

ここから、クラウドソーシングで稼いだ月収の内訳を紹介します。

ドキドキ……。

1ヶ月目:13万円

クラウドソーシング1ヶ月目は右も左も分からない状態。

「これで本当にやっていけるの?」と焦ることが多かったです。

それでも地道に頑張って、初月にしてはいい結果を出せました。

1ヶ月目の内訳

字数  記事単価   数  小計
6000 2160  3  6480 
5000 1728  10  17280 
4000 1512 7 10584 
3000 3030 2 6060 
3000 3000 19 57000 
3000 2286 4 9144 
3000 1123 12 13476 
1500 1620 2 3240 
1500 1530 3 4590 
テスト案件 2881 2881 
少額タスク 235 235 
 各種ボーナス  4752 4790 
  135760 

最初は数十円の少額タスクで、肩慣らししました。

最初の文字単価は0.5円以下

初めて受けた案件の文字単価は0.5円以下(契約上)です。

文字単価を上げたかったので、自分に書けそうな案件を見つけたら積極的に応募しました。

そのおかげで1ヶ月目の後半には、文字単価1円以上(契約上)の案件も受注できました。

応募した案件(一例)

  • ビジネスマナー
  • 女性向けの習い事
  • 美容
  • フィットネス

最初は断られたり返事がこなかったりも当たり前……。

内訳表に載せている金額は、システム手数料差し引き後に実際に手元へ入る報酬額です。

そのため「記事単価」を「文字数」で割っても、契約上の文字単価とは一致しません。

毎日1万字以上書いた!

1ヶ月目に書いた文字数を合計すると、テスト案件を含めて約23万字です。

仕事をしたのは約20日なので、平均しても1日1万字以上!

初心者ながら、ハイスピードで文章を書けました。

速く書くことを意識して、自分が書きやすいテーマの案件を選んだのがよかったと思います。

プラチナライターに合格

サグーワークスのプラチナライターテストを受けて、一発で合格しました。

プラチナライターになると、最低でも文字単価1円の案件がもらえます。

テストはボリュームがあって大変だったので、合格できて嬉しかったです。

2ヶ月目:25万円

2ヶ月目は1ヶ月目の勢いのまま頑張りました。

目標を高くしたらちょっと大変でしたが、なんとか乗り切ました。

収入が増えたのはそのおかげです。

2ヶ月目の内訳

    字数      記事単価   数  小計
8000 7776 1 7776 
6000 6000 2 12000 
3000 4000 3 12000 
3000 3030 1 3030 
3000 3000 39 117000 
3000 2592 3 7776 
3000 2286 9 20574 
2000 3340 2 6680 
2000 3300 5 16500 
2000 2030 3 6090 
2000 2000 4 8000 
1500 2505 1 2505 
1000 1060 2 2120 
500 500 6 3000 
500 600 3 1800 
見出し企画 15000 15000 
 各種ボーナス  8950 8950 
  250801 

1ヶ月目に比べると記事の単価がかなりアップ!

月収入前月の約2倍

2ヶ月目は月収が前月の2倍になりました。

書いた文字数は合計で約22万字なので、前月とほとんど変わっていません(むしろ減少)。

平均の文字単価が上がったことで、一気に収入が増えました。

在宅ライターにとって文字単価は重要!

文字単価にこだわり始めた

2ヶ月目に入ってから、思い切って文字単価1円未満(契約上)は受けないと決めたんです。

報酬が高いとモチベーションも上がる

でもそのせいで、何日か手元に仕事がない状況にもなりました。

稼いでいる人からみれば、文字単価1円(契約上)は決して高くはありません。

でもやっぱり初心者にとってはハードルが高かったです。

新規募集をこまめにチェックして、どうにかこうにか案件を確保しました。

新しく応募した案件(一例)

  • 転職
  • 一人暮らしのお役立ち情報
  • 恋愛

サグーワークスで名文認定

サグーワークスで受けたある案件が「名文」として認定されました。

頑張って書いてよかった!

名文については説明がサイトにないので、基準はよく分かりません。

でも名文が1つあっただけで、月間名文ランキングの14位にランクインしていました。

3ヶ月目:30万円

3ヶ月目は総文字数とともに月収がアップ。

在宅ライターを始めたときは3ヶ月目で月収30万円を稼げるとは思っていなかったので、自分でも驚きです。

プラチナライターに加えて肩書も1つ増えました。

3ヶ月目の内訳

    字数      記事単価   数  小計
15000 12960 1 12960 
9000 12180 1 12180 
8000 10000 1 10000 
5000 6950 2 13900 
5000 6000 2 12000 
5000 5500 2 11000 
4000 4800 1 4800 
4000 4000 5 20000 
3000 3840 3 11520 
3000 3420 3 10260 
3000 3000 35 105000 
3000 2286 5 11430 
2500 3024 5 15120 
2000 2430 1 2430 
2000 2030 5 10150 
2000 2000 3 6000 
1500 2700 2 5400 
1500 1530 2 3060 
1000 1560 5 7800 
600 600 5 3000 
500 3024 1 3024 
500 864 2 1728 
500 700 3 2100 
 各種ボーナス  6075 6075 
  300937 

いろんな案件を受けたので、内訳表も長くなりました。

月収30万円突破

在宅ライターを始めてから3ヶ月目で月収30万円を突破しました。

単価が高い案件も少しだけ増えました。

いろんな案件を受けたので、内訳表の単価もバラついています。

文字数は合計で約27万字

3ヶ月目に書いた文字数の合計は約27万字です。

前月に比べると5万字も増えました。

収入が前月より5万円増えたのは、たくさん書いたおかげです。

記事を書くのに慣れてきました。

プロクラウドワーカーに認定

3ヶ月目には、クラウドワークスのプロクラウドワーカーにも認定されました。

私は3つのクラウドソーシングサイトを使っています。

その中で1番よく使っているのがクラウドワークスです。

よく使っている理由は、3つの中で1番最初に登録したサイトだからです。特に意図はありません!

3ヶ月目でやっと認定条件を満たせました。

4ヶ月目:35万円

前月に引き続き、月収を5万円増やせました。

平日は毎日朝から晩までパソコンの前で作業しているので、それが報われています。

4ヶ月目は刺激をもらうために、初めて交流会にも参加してみました。

4ヶ月目の内訳

    字数      記事単価   数  小計
7500 19440 7 136080 
6000 11500 1 11500 
5000 6090 1 6090 
3000 5490 1 5490 
3000 5070 1 5070 
3000 3030 1 3030 
3000 3000 42 126000 
2500 4750 3 14250 
1500 2700 8 21600 
1500 2085 3 6255 
1000 5400 1 5400 
1000 1100 1 1100 
800 800 1 800 
500 700 6 4200 
 各種ボーナス  4370 
 351235 

サグーワークスの月間名文ランキング5位

サグーワークスでは得意な案件を中心に受注できて、5記事が名文に認定されました。

これで月間名文ランキングの5位にランクインしたんです。

上位のボーナスがもらえました。

初のランクインボーナス!

単価の高い継続案件をGET

文字単価3円(契約上)の継続案件を獲得しました。

これまでは高単価案件を受注しても1回きりだったんですよね。

ダメ元で応募してよかった

1記事書くだけでもまとまった報酬になるのでありがたいです。

ランサーズのMeetupに参加

ランサーズ主催の交流イベント「Meetup」に参加しました。

交流会やイベントに参加するのは初めてです。

参加者はライター以外にも、webデザイナーさんやプログラマーさんなどいろいろでした。

参加者の年齢層が幅広いのが意外でした。

5ヶ月目:37万円

少し疲れてきたので、5ヶ月目は休みを増やしました。

それでも書いた総文字数も月収もアップしています!

5ヶ月目の内訳

    字数      記事単価   数  小計
8000 12160 1 12160 
7500 19440 9 174960 
3000 5490 3 16470 
3000 3000 46 138000 
1500 2700 6 16200 
1000 6480 2 12960 
600 600 5 3000 
200 200 6 1200 
 各種ボーナス  1711 1711 
 376661 

全体的に単価が高め!

休みを多くした

5ヶ月目は休みを増やして、週休2〜4日くらいにしました。

仕事をしないと収入が減ると思ったら、休むのがこわかったです。

でも、在宅ライターの仕事以外にも時間が使えるようになってよかったです。

休んだ日は本を読みつつ、のんびりしてました。

効率アップで月収増

仕事をする日を減らしましたが、書いた総文字数は先月よりも増加しました。

5ヶ月目の執筆文字数は、だいたい24万字です。

なので、月収も前月より少し多くなりました。

速く書くこと意識しているので、その効果があらわれているんだと思います。

効率的に記事を書けるようになってきました。

スカウトで高単価案件GET

5ヶ月目はスカウトで高単価の案件を獲得しました。

クラウドソーシングサイトのプロフィールを見た方からの直接依頼です。

やっぱりプロフィールもしっかり書いておくべきだと感じました。

書きたいジャンルのキーワードを盛り込んでおくと、声がかかりやすくなります。

6ヶ月目:52万円

6ヶ月目は上を目指して、目標月収を50万円以上に設定しました。

自分の執筆スピードや案件の状況を考えると、どうにか達成できそうな金額だと感じたからです。

実際、週休2日に戻して頑張ったら目標以上の収入を獲得しました。

6ヶ月目の内訳

    字数      記事単価   数  小計
20000 34600 1 34600 
13000 25090 1 25090 
13000 20930 3 62790 
10000 18600 1 18600 
10000 15500 3 46500 
8000 14560 3 43680 
8000 12160 2 24320 
7500 19440 5 97200 
4000 6096 3 18288 
3000 3600 1 3600 
3000 3000 41 123000 
1500 1500 1 1500 
1000 6480 2 12960 
500 650 2 1300 
500 458 1 458 
 各種ボーナス  11492 11492 
 525378 

6ヶ月目はとにかく全力を尽くしました!

文字数は合計で約33万字

6ヶ月目に書いた文字数の合計は、約33万字です。

これまでで1番多かった3ヶ月目の27万字より、さらに6万字増!

実は、最高で3万5000字書いた日があります。

これは、自分にとって書きやすい案件が多かったおかげでです。

書きやすさで執筆スピードはかなり変わるので、案件との相性はすごく重要だと思います。

プラチナライター月間ランキング14位

サグーワークスのプラチナライターの月間ランキングで14位になりました。

いつか10以内に入りたい!

ランサーズの認定ランサーに昇格

6ヶ月目は、ついにランサーズの認定ランサーになりました。

利用しているサイトの中では、ランサーズの受注が1番少ないです。

報酬も少ないのに認定されてびっくり!

クラウドソーシングを始めてから半年で、3つのクラウドソーシングの肩書きをそろえることができました。

  • サグーワークス:プラチナライター
  • クラウドワークス:プロクラウドワーカー
  • ランサーズ:認定ランサー

在宅ライターとして月収を稼ぐには?

以上が私の在宅ライターになってから半年間の収入の記録です。

何も分からないところから、ここまで頑張りました。

最初の頃は本当に不安で、仕事が途絶えたらどうしようとおびえていました。

ネットで調べると、「クラウドソーシングは稼げない」という書き込みが多いですよね。

でもこの結果があるので、未経験でも本気で取り組めばクラウドソーシングだけで生計を立てられると私は断言できます。

私自身、いまはクラウドソーシングの仕事に頼って生活しています。

私のように文章を書く仕事の経験が全くない人でも、朝から晩までパソコンに張り付けばこれだけ稼げるんです。

残念ながら、在宅ライターは楽して簡単に稼げる仕事ではありません。

それでも私が頑張れているのは「私はこの仕事で生活するんだ!」という気持ちが強いからです。

在宅ライターを本業にするなら、粘り強さが大切かも!

基本的な文章を書ける人なら、誰でも在宅ライターのスタートラインに立てます。

まずはクラウドソーシングサイトに登録して、どんな仕事があるのか実際に見てみるのがおすすめです。

実際に稼げたクラウドソーシングサイト

ちなみに、在宅ライターがクラウドソーシングで稼ぐ方法について「クラウドソーシングで月50万円以上稼ぐために意識した7つのこと」にまとめました。

在宅ライターとして稼ぎたい人はチェックしてみてください!

スポンサーリンク