クラウドソーシングの手数料が高い! 安くおさえる3つの手段

高いクラウドワークスの手数料を安くおさえる方法

クラウドソーシングで生計を立てている、せとみーです。

クラウドソーシングサイトを利用する場合、報酬からシステム手数料が差し引かれます。

ランサーズやクラウドワークスのシステム手数料は、報酬の20%です。

「システム手数料って高いな」「もう少し安くならないかな」と思っていませんか?

実は、クラウドソーシングサイトはシステム手数料をかけずに利用する方法もあるんです。

この記事では、システム手数料を安くおさえる方法を3つ紹介します。

スポンサーリンク

クラウドソーシングの手数料は意外と高い

「手数料はどうせ引かれるものだから……」と諦めている人もいるかもしれません。

でも、報酬の20%というのは意外と大きな金額です。

報酬5万円の場合のシステム手数料

5万円×20%=1万円(!)

※分かりやすくするために税抜で計算しています。以下同じ。

1万円も引かれるとなると、黙って見てはいられません!

報酬が多くなれば、その分手数料も増えます。

たしかにクラウドソーシングは初心者でも仕事を見つけやすい便利なサイトですが、やっぱりできることなら手数料は安くおさえたいです。

高いクラウドソーシングの手数料を減らす方法

クラウドソーシングサイトを利用するときは、工夫次第でシステム手数料を安くできます。

方法によっては手数料を無料にもできるので、試してみる価値はありますよ!

【その1】クライアントに負担してもらう

システム手数料を取られたくないなら、クライアントに負担してもらえないか交渉するのもひとつの手です。

といっても、報酬からシステム手数料が引かれるというしくみ自体は変更できません。

なので、クライアントに報酬金額を上乗せして支払ってもらうんです。

そうすれば、手元には契約時と同じ報酬額が入ってきます。

たとえば、契約時の報酬が5万円ならクライアントに6万2500円支払ってもらうと、自分の手元に5万円が入ります。

金額を上乗せして払ってもらうので、これは実質的な値上げです。

でも、単純に「単価を上げてほしい」と言うよりは「手数料を負担してほしい」と言ったほうが承諾をもらえる可能性が高いです。

システム手数料を負担してもらえるかどうかは、クライアントの事情によっても違います。

何回かやり取りしながら様子をみて交渉してみるといいと思います。

負担してもらえるかどうかは相手次第……。

【その2】10万円以上まとめて受注する

クライアントの予算がカツカツなら、システム手数料の負担は難しいかもしれません。

そんなときでも、複数回ある契約を1回にまとめればシステム手数料をおさえられる可能性があります。

システム手数料は、基本的には20%です。

ただし、1回の契約で支払われる報酬金額が10万円を超えると、超えた部分にかかるシステム手数料の割合は下がります!

20万円超部分 10〜20万円部分 10万円以下部分
5% 10% 20%

webライティングの案件を普通に契約するだけでは、1回の契約が10万円を超える機会はなかなかありません。

なので、クライアントに相談して数回分の契約をまとめてもらうとお得です。

報酬25万円の手数料(※5回に分けて契約)

  • 1回目:5万円×20%=1万円
  • 2回目:5万円×20%=1万円
  • 3回目:5万円×20%=1万円
  • 4回目:5万円×20%=1万円
  • 5回目:5万円×20%=1万円
  • システム手数料の合計:5万円
報酬25万円の手数料(※1回で契約)

  • 10万円以下部分:10万円×20%=2万円
  • 10〜20万円部分:10万円×10%=1万円
  • 20万円超部分:5万円×5%=2500円
  • システム手数料の合計:3万2500円

契約をまとめるだけで「5万円-3万2500円=1万7500円」も手数料が少なくなります。

同じクライアントから仕事を受けるなら、まとめて契約したほうがシステム手数料はグッとおさえられます。

ただし、契約をまとめてもらえるかどうかはクライアント次第です。

継続して仕事を受けているクライアントがいるなら、相談してみるといいかも。

【その3】サグーワークスを利用する

クラウドソーシングサイトの中にはシステム手数料がないサイトもあります。

たとえば、ライティングに特化したクラウドソーシングサイトの「サグーワークス」がそれです!

サグーワークスにはシステム手数料がありません。

なので、案件を受けるときに提示された金額がそのまま手元に入ります。

クライアントに手数料の相談をするのは気が進まないという方でも、サグーワークスなら悩む必要はないです。

ボーナスもたくさんあるのがうれしい

サグーワークスのテストに合格してプラチナライターになると、最低でも文字単価1円以上の案件が獲得できるようになります。

目指せプラチナライター!



クラウドソーシングの手数料は安くできる!

クラウドソーシングのシステム手数料は、計算してみると馬鹿にならない金額です。

でも、手数料はちょっと工夫するだけで安くおさえられます。

頑張って稼いだ報酬は、少しでも多く受け取りたいですよね。

手数料をおさえてクラウドソーシングで賢く稼ぎましょう

スポンサーリンク