在宅のwebライターを本業にする方法~未経験でも月収30万円~

webライターを本業にする方法

資格・経験・人脈ナシで在宅のwebライターになったせとみーです。

私が「会社を辞めて在宅でwebライターの仕事を始めた」と友人に話すと、「何それ?私もやりたい!」と言われることが多いです。

私はもともと文章を書く仕事をした経験がありません。それでも、webライターとして働くことができています。

この記事では、未経験でも在宅のwebライターとして働く方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

webライターは未経験でもなれるの?

memo

在宅webライターのおすすめポイント

  • 未経験でも始めやすい
  • 生活費を稼げる
  • 初期投資が必要ない

在宅のwebライターは、経験やスキルがない人でも始められます。

基本的な日本語の文章さえ書けるなら、すぐにwebライターの仕事を受注できます。

高額な通信講座を受ける必要はなく、勉強したい場合は書店で「webライティング」の本を購入すれば十分です。

仕事ではパソコンを使いますが、ネットに接続できて文字さえ打てればいいので、わざわざ新しく買う必要もありません。

一般的に、在宅の仕事はあまり稼げないイメージがあると思います。

でも、webライターの仕事は、会社で働くのと同じくらいの時間を費やせば会社員以上の収入も稼げます。

在宅のwebライターはクライアントの指示に従って書いた文章を売る商売なので、売れない在庫を抱える心配もゼロ。

在宅のwebライターの仕事は始める際のハードルが低くて、続けやすいのが大きな特徴です。

在宅のwebライターの仕事内容

デスク

在宅のwebライターは、名前からもなんとなくイメージできると思いますが「家で文章を書く仕事」です。

資格は特に必要ないので、名乗れば誰でもすぐに在宅のwebライターになれます。

「こたつ記事」を書くwebライター

webライターは、インターネット上のサイトに掲載するため記事を書いています。

webライターが書く記事は、大きく分けて3つに分かれます。

  • 取材記事:自分で取材した内容をまとめる。インタビューや写真撮影も仕事のうち。
  • 企画記事:面白い企画を実際に体験して記事にまとめる。自分の写真を掲載する場合もあり。
  • こたつ記事:クライアントに指示されたテーマについて調べてまとめる。取材記事や企画記事と違って「こたつから出なくても書ける」。

在宅のwebライターが書くのは「こたつ記事」です。

こたつ記事は、初心者にとってハードルが低くて始めやすいです。

私も未経験から始めましたが、こたつ記事を書く仕事だけで会社員時代より多い月収を稼いでいます。

情報を徹底的に調べて伝えるのが使命

取材記事や企画記事を書いている人の中には、「取材や体験せずに記事を書くのはライターじゃない!」という人もいます。

「こたつ記事」という呼び方は、そんなネガティブなイメージが込められているんです。

でも、実際には取材や体験ができないジャンルもあり、そういうものについて詳しく調べて書かれた記事を必要としている人もいます。

こたつ記事に対して悪いイメージをもっている人がいるのは、こたつ記事の中には質の悪いデタラメなものも少なくないからです。

正確な情報をきちんと調べて独自の文章にまとめ上げれば、web上でちゃんと通用する記事になります。

読み手が知りたい情報を正確に調べて分かりやすく伝えるのが、こたつ記事を書くwebライターの使命です。

在宅のwebライターになる方法

探す

在宅ライターとして稼ぐためには、仕事をくれる顧客を見つける必要があります。

でも、いきなり「自力で顧客を見つけて仕事を確保してください」言われたら、どうしたらいいかわかりませんよね。

実績がなくて相場もわからない状態では、たとえ交渉できてもうまくはいかないでしょう。

未経験からwebライターになるためには、クラウドソーシングサイトを利用します。

クラウドソーシングサイトは、実績や経験がなくてもスムーズに仕事を始められるサービスです。

クラウドソーシングサイトを利用

クラウドソーシングサイトは「仕事を頼みたい人」と「仕事が欲しい人」を結ぶサービスです。

クラウドソーシングとは

クラウドソーシングサイトは、発注者と受注者を結ぶ場。

  • 発注者:仕事を頼みたい人。個人や法人などさまざま。「クライアント」とよばれる。
  • 受注者:仕事が欲しい人。フリーランスや個人事業主のほか、副業の仕事を求めている人もいる。

クラウドソーシングサイトに登録すれば、誰でも仕事を頼んだり探したりできます。

転職サイトのように雇用関係を結ぶわけでなく、仕事単位で契約します。

そのため、報酬の支払いは基本的に出来高制です。

なかには時給制をとっているクライアントもいます。

クラウドソーシングサイトの特徴

特徴①:どんなスキルでも活かせる

クラウドソーシングサイトでは、いろいろなジャンルの仕事が募集されています。

  • webライティング
  • システム開発
  • webデザイン
  • 動画・画像編集
  • イラスト
  • 翻訳 etc……

webライターの仕事は、「webライティング」に該当します。

他の職種は専門知識や経験が必要なものが多いですが、webライターに関してはそれほど特別なスキルは必要ありません。

実際、webライティングの仕事は未経験で始める人がほとんどです。

特徴②:仕事がサイト上で完結

仕事を受注して報酬を得るまでには、いろいろな工程があります。

webライターとして働くなら、実際に記事を書くことに加えて、クライアントとのやり取りもしっかりしないといけません。

  • マッチング
  • 契約
  • 打ち合わせ
  • 納品
  • 検収
  • 支払い

クラウドソーシングサイトを利用すればすべてがサイト上で完結します。

メールや電話を使ったり、直接出向いたりする必要はないので、とても効率的です。

クライアントとのやり取りは、基本的にクラウドソーシング内のチャットやシステムだけで済みます。

※やり取りのイメージ

この記事を○月×日までにお願いします。

承知しました。

記事は期限までに納品すればOKなので、好きな時間に好きな場所で作業できます。

特徴③:報酬を担保する「仮払い」制度

クラウドソーシングサイトで仕事の契約をすると、クライアントが報酬の「仮払い」をします。

仮払いとは、クライアントが報酬を先払いし、そのお金をクラウドソーシングサイトが預かってくれる仕組みです。

仮払いのおかげで「仕事が完了すれば必ず報酬がもらえる」という確信をもって作業を始められます。

インターネット上の顔も見えない相手との契約となると、「本当にお金を払ってもらえるのか?」という不安がつきものです。

でも、クラウドソーシングを利用してクライアントから仮払いをしてもらえば、最初から最後まで安心して仕事ができます。

契約方法や利用するクラウドソーシングサイトによって異なる場合もあります。

クラウドソーシングの利用に必要なもの

クラウドソーシングに必要なものは3つだけです。

  • パソコン
  • インターネット環境
  • 報酬を受け取る銀行口座(できれば楽天銀行)

もしも、すでに3つがあるなら、すぐにクラウドソーシングで仕事が始められます。

パソコン

パソコンは、文字が打ててちゃんと動作するものなら何でもOKです。

私も家で眠っていたパソコンを引っ張り出して使い始めました。

作業はほとんどはネット上のツールだけで事足りるので、特別なソフトをダウンロードする必要はありません。

無料で使える「office online」や「Googleドキュメント」を使用すれば、ネット上で文章を書いたり保存したりできます。

インターネット環境

クライアントとのやり取りや記事のリサーチなど、仕事中は常にネットに接続します。

なので、インターネット環境は必須です。なるべく速度が速くて制限も少ないほうがストレスは少ないです。

報酬を受け取る銀行口座

報酬の受け取りは基本的に振込なので、銀行口座が必要です。

クラウドソーシングサイトを利用するなら、できる限り楽天銀行の口座を用意してください。

なぜなら、楽天銀行の口座を指定すると、振込手数料がかなり安くおさえられるからです。

振込手数料の比較

  • 楽天銀行:100円/1回
  • その他の銀行:500円/1回

メジャーなクラウドソーシングサイトだと振り込みは月2回あるので、その他の銀行なら月1000円もかかってしまいます。

それに対して、楽天銀行なら月200円で済みます。稼いだお金はなるべく減らしたくないですよね。

楽天銀行はネット銀行なので、家にいながら無料で開設できます。

ただし、口座開設が完了するまで早くても数日はかかるので要注意。

スムーズに報酬を受け取るためには、クラウドソーシングを始める前に口座を作っておいたほうが確実です。

【3選】これだけ登録すればOKなサイト

クラウドソーシングサイトには、大きく分けて2つの種類があります。

  • プラットフォーム型
  • 受託型

プラットフォーム型では、発注者と受注者がクラウドソーシングサイトを介して実際にやり取りします。

それに対して、受託型では、発注者と受注者の間にクラウドソーシングの運営元が入って調整をおこないます。

実際に両方のタイプで仕事を受けてみて、やりやすいサイトをメインにするのがいいと思います。

ただし、実際に稼げるサイトは意外と少ないので、基本的に以下の3つ登録すれば十分です。

ランサーズ

ランサーズ

Lancers(ランサーズ)

ランサーズを運営しているのは、2008年4月設立のランサーズ株式会社です。

最近ではフリーランスを応援するサービスの提供にも力を入れています。

ランサーズはプラットフォーム型で、クラウドソーシングの代名詞ともいえるほどメジャーなサイトです。

クラウドワークス

クラウドワークス

CrowdWorks(クラウドワークス)

クラウドワークスは、2011年11月に設立された株式会社クラウドワークスが運営しています。

クラウドワークスもまたプラットフォーム型のクラウドソーシングサイトです。

個人的にはクラウドワークスをよく利用しています。

サグーワークス(プラチナ)

サグーワークス

【プラチナライター】

サグーワークスの運営元は、2006年6月創業の株式会社ウィルゲートです。

webマーケティングの事業を展開し、クライアントのweb事業を支援しています。

サグーワークスはwebライティングに特化した受託型のクラウドソーシングサイトです。

ただし、サグーワークスを利用して稼ぐためには、テストに合格して「プラチナライター」になる必要があります。

プラチナライターになることで、高単価な案件を受注できるようになるからです。

webライターの仕事の流れ

ここでは、ランサーズやクラウドワークスなどプラットフォーム型クラウドソーシングサイトでの仕事の流れを紹介します。

ラウドソーシングのアカウントを用意する

クラウドソーシングサイトを利用するには会員登録が必要です。

基本的には画面に従って入力していけば困るところはありません。

クラウドワークスやランサーズでは、書類を使った本人確認もおこなっています。

アカウントを作る段階では本人確認は必須ではないですが、なるべくなら本人確認まで済ませておいたほうがいいです。

本人確認をすると、プロフィール画面に「本人確認済マーク」がついて信用度を高められます。

また、仕事を探していると本人確認が済んでいないと応募できないものを出てきます。

プロフィールの設定

会員登録が完了したら、サイト内で公開するプロフィールを設定します。

設定できる項目の例

  • 自己紹介文
  • プロフィール画像
  • 職種
  • スキル
  • 経歴
  • 実績・ポートフォリオ

プロフィールはできるだけ細かく入力したほうが受注につながりやすいです。

「書けることが何もない」と思うかもしれませんが、とにかく何でも記入してください。

たとえば、出身地を書くだけでも地域の観光情報の記事の受注につなげられるかもしれません。

実際に受注して実績ができたら、それをプロフィールに追加してアピールしましょう。

銀行口座の登録

報酬の受け取りには期限があるので、銀行口座は最初に登録しておくと安心です。

「クラウドソーシングの利用に必要なもの」でもお伝えしましたが、銀行口座は楽天銀行にすると振り込み時の手数料をかなり安くおさえられます。

実際に仕事を受注する

基本的な設定が済んだら、仕事を受けられます。

いきなり仕事を始めるのは不安かもしれませんが、未経験を前提に応募を受け付けているクライアントも多いので心配いりません。

クラウドソーシングの仕事の募集方法はいくつかあります。

  • タスク型:早い者勝ちですぐに作業できる。口コミなど数分でできる案件が中心。
  • プロジェクト型:応募して選ばれると契約できる。
  • コンペ型:公募に自分の作品を応募し、採用されると報酬を獲得。

webライターならプロジェクト型をメインになるので、以下ではプロジェクト型を例にして話を進めます。

仕事探し

まずは検索画面で条件を絞ったり、新着案件を見たりして仕事を探しましょう。

クラウドワークスとランサーズには、webライティングの案件が常にそれぞれ1000件以上あります。

実際に見ていくとピンからキリまで多種多様ですが、最初は「初心者歓迎!」といった表示がある案件を選ぶとやりやすいです。

お気に入り登録ができるので、気になる案件をみつけたらとりあえずチェックをつけておくと便利です。

応募

受注したい案件をみつけたら応募します。

簡単な自己紹介を添えたメッセージを記入すればOKです。

初めまして。せとみーと申します。

もちろん、応募しても返事が来なかったり不採用となる場合もあります。

案件の数はかなり豊富なので、ダメ元で積極的に応募するのことが大切です。

とくに最初のうちは、気になる案件があれば積極的に応募しましょう。

契約

応募したメッセージに返信がきてお互いに条件に確認したら、契約に進めます。

では、こちらの条件でいかがでしょうか?

問題ございません。よろしくお願いいたします。

仕事内容について話がついたら、契約手続きをします。

なかには、この段階で「よくよく聞いてみると思ってたのと違った!」となることもあるので要注意です。

仕事内容だけでなく、報酬金額や納期もしっかり確認して契約します。

契約といってもクラウドソーシングサイト内のボタンをクリックするだけなので簡単です。

仮払い

契約が終わると、クライアントが報酬の仮払いをします。

仮払いが済むと通知がくるので、必ずそれを確認してから仕事を始めます。

仮払い前に仕事を始めてしまうと、トラブルが起きても報酬を回収できないので要注意です。

記事を書く

クライアントから受けた指示に従って作業を進めます。

クライアントによって記事の書き方のルールが違うので、指示の内容はしっかり確認しましょう。

納品

記事が完成したら、クラウドソーシングサイトにアップロードして納品します。

納品方法もクライアントによって違うので確認が必要です。

アップロードが完了したら、必ずボタンをクリックして「完了報告」をします。

記事が完成しました。納品します。

ありがとうございます。確認いたします。

検収

納品した記事をクライアントがチェックします。

誤字脱字やルールに沿っていない部分などが見つかると、修正を依頼されることもあります。

クライアントの意向に沿った記事が完成すれば、検収完了です。

ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

支払い

クライアントが検収を完了させると、仮払いされていた報酬が支払われます。

ただし、この時点ではサイト上で処理が進むだけです。

実際に自分の銀行口座に報酬が入る日時は、出金方法の設定によって異なります。

評価

契約が完了すると、発注者と受注者はお互いに評価をつけます。

評価は自分のプロフィールページに掲載されるので、その後の受注にも影響します。

webライターの労働条件

仕事中

クラウドソーシングサイトでは雇用契約を結ぶわけではないので、実際の労働条件は自分次第です。

自分で空くジュールを管理して、滞りなく仕事を進める必要があります。

1日の労働時間

1日の労働時間についても、特に決まりはありません。

納期までに記事を提出すればいいので、何時から何時まで働くかは自分次第です。

私の例で恐縮ですが、とある1日のスケジュールはこんな感じでした。

1日の流れ

  • 9:00 パソコン起動
  • 9:30 記事の執筆(1記事目)
  • 11:45 連絡への返信
  • 12:00 休憩(ランチ)
  • 12:30 案件の検索
  • 13:00 記事のチェック作業
  • 13:40 記事の執筆(2記事目)
  • 15:00 休憩
  • 15:30 記事の執筆(3記事目)
  • 16:40 連絡の返信
  • 16:50 休憩
  • 17:00 記事の執筆(4記事目)
  • 18:10 記事の執筆(5記事目)
  • 19:20 お仕事終了

基本的に平日の昼間はずっとライティングしています。

こうして書き出してみると、 働いている時間は会社員時代とあまり変わりません。

日によってはもう少し遅くまで働いていることもあります。

でも部屋着のまま仕事ができるし、用事があれば平日も休めるので自由度は高いです。

webライターの収入

私が在宅でwebライターの仕事を始めてから半年間の月収はこんな感じです。

  • 1ヶ月目(2018/2):13万円
  • 2ヶ月目(2018/3):25万円
  • 3ヶ月目(2018/4):30万円
  • 4ヶ月目(2018/5):35万円
  • 5ヶ月目(2018/6):37万円
  • 6ヶ月目(2018/7):52万円

初月は月収として不十分な額でしたが、2ヶ月目以降は会社員並みにしっかりとした収入を右肩上がりで確保できていました。

といっても、これははっきり言ってものすごく頑張った結果です。

でも、もともと文章を書く仕事の経験がなくても、本気でやればここまではいけます。

もともとデスクワーカーだったこと、文章を書くのは嫌いではないことも関係しているかもしれません。

webライターとして稼げるかどうかは、どれくらい根気よく作業できるかだと思います。

webライターになるときの注意点

webライターになれば自由に働けますし、やればやった分だけ稼げます。

ただし、webライターの仕事にはいくつか気をつけたほうがいいこともあります。

といっても、事前に知っておけば対策できることばかりです。

システム手数料がかかる

クラウドソーシングサイトは無料で登録できますが、報酬が発生したときは「システム手数料」として20%が差し引かれます。

差し引かれてどこへいくかというと、クラウドソーシングサイトの運営元の取り分となります。

システム手数料はいわばサイトの利用料です。

システム手数料は積み重なると結構な金額になり、一見もったいなく思えます。

それでも多くの人がクラウドソーシングを利用しているのは、「仮払い」の制度があるからです。

個人で仕事を請け負う以上、報酬を確実にもらえるという保障は重要です。

個人的には、システム手数料は報酬を確実にもらうための「保険料」のようなものととらえています。

クライドソーシングを利用すればシステム手数料がかかりますが、その分安心して仕事に専念できるんです。

支払いが滞ると精神的に大きなストレスになりますし、それだけでなく催促という余計な仕事が増えます。

報酬を確実にもらえるという保障は重要なので、私はあえてクラウドソーシングサイトを利用しています。

それに工夫すれば、システム手数料をおさえることも可能です。

詳しくは「クラウドソーシングの手数料が高い!安くおさえる3つの手段」でまとめています。

「有料登録」は慎重に対応する

クラウドソーシングで仕事を受けていると、いろいろなツールやサービスの無料アカウントを用意してほしいとクライアントから言われることもあります。

たとえば、Googleやチャットワークなどのアカウントです。

これらは一般的にもよく使われていますし、無料で利用できる範囲なら登録して構いません。

ただし、もしもクライアントから何かの有料サイトへの会員登録をうながされたときは、詐欺の可能性が高いので要注意です。

有料登録にかかった費用も報酬として支払ってもらえる契約なら大丈夫かもしれませんが、信頼できるクライアントかどうか慎重に見極めてください。

デスクワーク疲れが出やすい

在宅のwebライターとして1日中パソコンに向かうつもりなら、「デスクワーク疲れ」の対策もしておいたほうがいいです。

1日中座りっぱなしなので、全身がすごく疲れます。

デスクワーク疲れの症状

  • 目の疲れ
  • 手首の腱鞘炎
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 脚のむくみ

デスクまわりで使えるグッズをそろえたり、こまめに休憩をはさんだりなど、あらかじめ対策を考えておきましょう。

webライターとして自由に働こう!

在宅のwebライターの仕事は、「資格・経験・人脈ナシだけどいますぐ自宅で働きたい!」という方にはぴったりな仕事です。

未経験でも始めやすく、私自身も文章を書く仕事をしたことがない状態から在宅のwebライターになりました。

れっきとした仕事なので、ちょっとパソコンをいじれば簡単に稼げるわけではありません。

会社員並みの収入が欲しいと思ったら、会社員並みに時間をかけて働く必要があります。

クラウドソーシングサイトは、実は誰でも知っている大手企業が仕事を募集することもあります。

もしかするといつも閲覧しているサイトの記事を書く機会もあるかもしれません。

どのクラウドソーシングサイトにもたくさんの登録者がいますが、専業でクラウドソーシングに取り組んでいる人は意外と少ないです。

そのせいか、コツコツと努力すればしっかり稼げます。

クラウドソーシングサイトは登録するだけなら料金はかからないので、まずはクラウドソーシングサイトに登録してみてどんなものか見てみるとイメージが湧くと思います。

webライターになって、好きなときに好きな場所で働くライフスタイルを一緒に始めてみませんか?

おすすめのクラウドソーシングサイト
スポンサーリンク